うすゆきブログ

Notionの無料枠が大幅UPしたのでEvernoteからNotionへ移行しました

2022年1月16日 2021年1月11日

プロローグ

Noiton、通称なんでもできるツール。簡単に言えばwebメモ帳の超強化版です。
本当になんでもできるんじゃないかってレベルでいろんな事ができます。

これまでもNotion使ってきて、最初操作になれなかったのですが慣れるととても便利です。

さらにさらに、Notionの無料枠が2020年に大幅改定されたらしく、これまで1万ブロックが上限という実用性にはかける制限があったのが、無料枠でもブロックの制限が無しになったんです!!

そこで5年間使ってきたEvernoteからNotionに移行することにしました。

Evernoteには大変お世話になりました。使いづらいわけではないのですが…
そしてお金払ってないユーザーで僭越ではありますが…

Evernoteの個人的に後ろめたいところ(無料枠)

①無料枠だと月50MBまでの容量制限
→これは月ごとにリセットされるので合計というわけではないため、少しだけど長く使う方には問題ないですが、日々使っていると意外とすぐ超えます…
②ノートブック>ノートと2段階しか階層構造が作れない
→例えば大学というノートブックの中に月曜日の授業というノートブックみたいなことができないです…
③無料枠はノートの数が10万かつ1ノートあたりの容量も制限あり
→私はまだ余裕があったのですが、長期的に使うと限界が来ます。
④同一アカウントでは2台までしかアクセスできない
→スマホとPCソフト、webだと3台分でカウントされるのでアウトです。私的にはパソコンでPC版Evernoteとweb版Evernoteを同時起動して効率化を計り、スマホでも使いたかったので、台数制限にひっかかってました…

逆に言うとNotionは無料枠でこれら全ての惜しいところを克服してくれるんです!!!

Notionなら…

①③1ファイルあたりの上限は5MBであるものの、他は制限なし!
→1ファイルとは写真1枚だったりそういった枠組みです。私の使用用途としては1ファイルがそんなに大きくなることはないので問題ないです。Googleドライブなどでリンクにすれば問題解決ですし
②階層構造作りたい放題
→HTML的な感じ?パソコンのファイル構造的な感じ?というのでしょうか。階層構造が作りたい放題なのでジャンルの細分化もできて、後で見返しやすいです。
④アクセス制限なし!

そして

Notionのいいところ
①自由度が高いに限ります。

強いて悪いところを挙げるなら

Notionの悪いところ
①少し重い
→これは止む終えないですが…
②日本語に対応していない
③画像の自動OCRは未対応
→Evernoteでは検索結果に画像内に入っている文字も含まれてて、中々便利でした。
                      くらいです。

NotionからEvernoteへの移行が簡単でした。ただ残念ながら画像は移行されない仕様みたいです……

お金を払えば済む話なのですが、私はケチ?吝嗇?倹約家なので無料枠にこだわりました。

結果として私の現在の環境です。

大学講義ノート、本の感想、要約、アイデアメモなど→Evernote
大学講義ノート、アニメの閲覧記録、本の感想、要約など長期的に必要かつ重いもの→Notion
買い物リスト→Any.do
短期的なタスクリスト、ちょっとしたメモ→Google Keep
予定→Googleカレンダー