うすゆきブログ

VTuberを見て人生に彩りが生まれました

2022年4月18日 2022年3月27日

人生に彩りが生まれた

皆様、VTuber見ますか?ぶぃーとぅーばーです。

私はVTuberどころか、アイドル系も含め全然見ない人間でした……
「推し」というのが何なのかすらも知らなかった人間です
有名女優すら分からないレベルで、この世界のエンタメには疎いです。

そんな私ですが、VTuberを知ります。
きっかけはVRChatを始めたことから始まります。
VRChat内のできごとを題材に素敵な歌を作る「てれかす」さん

https://www.youtube.com/channel/UCnb_vyxyfscZv0N_p2HzANQ

この方のとある曲の中の歌詞に「あと何年待てば鳩羽ちゃんに会えた?」と出てきたんです。
鳩羽ちゃんって誰だと調べたところ、VTuberの「鳩羽つぐ」という存在を知りました。

「VRChatとVTuberは全然違うんだよ」って言うけれど、言ってる本人VTuber全然知らないじゃんっていうわだかまりもあったので、丁度良い機会だと思いVTuberを見てみることにしました。
いわゆる市場調査ですね。時は半年ほど前のことです。

VTuberは10年前まで影も形もなかったのですが、今では大変な盛り上がりを見せています。
そんなVTuber戦国時代ですので、このVTuberさんを見れば良いという最適解も無い訳ですね……

先述の「鳩羽つぐ」さんは一般的なVTuberとは若干毛色の違う分野ですが、ここから私のVTuber閲覧人生が始まります。

その後は「兎鞠まり」さんを知り、バビ肉すげぇ……と。そしてイラストレーターの「しぐれうい」先生がVTuberやってんじゃんと、深淵を覗いていきました。

VTuberを見てよかったこと

トラッキング技術の最先端を知れる

VTuberの所属として有名な「にじさんじ」というグループ?があります。
そこでは「NJU歌謡祭」という年末の歌配信が行われています。

こちらの最後のVirtual to liveをみんなで歌う部分、拝見していただくと分かるのですが、なんだこのトラッキング技術は……となります。
これMMDなどじゃなくて、ちゃんと人間が動いているものをトラッキングしてるんですよ……
「現代のオーパーツ」とも言えるすごい技術が詰まっています。あの大人数を同時にフルトラッキングして、表示している技術すごすぎます……

他にもトラッキング技術を活用した企画が多々あり、VTuberさん方のトーク力はさることながら、技術力のすごさにも感動させられます。

ファンサの仕方を学べる

色々なVTuberさんの配信最初に流れる待機画面は目を見張るものがあります。

また配信の内容やメンバーシップ内でのファンサなどなど、なるほどこうやって視聴者の心を掴んでいるのだと感動させられるものがあります。

お仕事でも学業でもリモートで行われることが多い世の中です。
それは言ってみれば生配信に他ならなくて、それをお仕事にしてるVTuberさんはその道の最高峰だと思うんです。
そんな最高峰を知ることで、例えば勉強会をオンラインで開くときなどにちょっとしたホスピタリティの向上に役立つ気がします。

推しをきっかけに色々なことを知れる

私が後述する「兎鞠まり」さんとよくコラボ配信されているVTuberで絵師の「伊東ライフ」先生がおられます。
この方とVTuberで絵師の「犬山たまき」先生の雑談配信を拝見したのですが、同人作家の収支や絵描きになるまでのあらすじなど、自分がこれまで知らなかったこと、これからも普通に生きていたら知らなかったことを知ることができました。

他にもVTuberさんはコラボ配信をよくします。
そこでこれまで触れてこなかった分野の知見を得られることが多々あります。

人生に希望を得れる

VTuberには、もちろん前世(VTuberをする前のその人の人生)というのがあります。VTuberとしての体を通すことで完全に新しい人生のようにも見えますがm壮絶な過去を持つVTuberさんもたくさんいます。
時より配信でその過去を垣間見えることもあります。

でもそれは言わなければ伝わらないことですし、VTuberの見た目だけでは分かりようがありません。
VTuberになることで、性別すらも変えることができるわけです。
まるで人生のリセットボタンです。それってなんだか夢がありませんか……?

VTuberとは「人生は一度きり」へのアンチテーゼではないでしょうか。

癒やしを得れる

正直これが一番ですね。いわゆる「てえてえ」をたくさん見ることができます。
現代のトラッキング技術はすごいもので、表情の変化とか、体の動きを見ることができます。

個人的に仕草ってかわいさを構成する常用な要素だと思っています。絵師さんが作ったかわいいイラストの見た目で、そんでもってVTuberさん方のかわいい仕草を反映しているわけです。
これは「かわいい」に「かわいい」をトッピングした状態です。かわいいしかない……

アニメも「かわいい」絵に「かわいい」声という組み合わせができますが、アニメとはまた違った良さがあります。VTuberさんは実在していて、介在の余地があるんです。

個人的な推し

私がメンバーシップに入っている程の推しであるVTuberさんをご紹介させていただきます。

「しぐれうい」

https://www.youtube.com/channel/UCt30jJgChL8qeT9VPadidSw

そうです。あのイラストレーターのしぐれうい先生です。
実はVTuberもやっておられるんですよ。

とにかく清楚で声が綺麗で、かわいい。これに尽きます。
そして、ファンサがお上手です。
一見、辛辣な発言が多かったり、配信頻度やメンバーシップ限定(いわゆるメン限)での投稿頻度も少なめです。
しかし、3Dお披露目での流れや突然の一人芝居などファンを楽しませる仕掛けをたくさん仕組ませた配信なんです。
アメとムチがうまいというと少し語弊がありますが、投稿頻度が少なくてもメンバーシップに入り続ける価値が十二分にあると思っちゃうくらい、ファンサがお上手です。
なんでしょう、媚びないけど、ちゃんと楽しませてくれるみたいな感じでしょうか……?
エンターテインするエンターテイナーです。

「兎鞠まり」

https://www.youtube.com/c/TOMARI_MARI

おじさんと思い込んでいる女児として名高い兎鞠まりさんです。
この方はおじさんを公言しているのですが、ボイスチェンジャーを通した声の綺麗さやその見た目において「おじさんと思い込んでいる女児」と言われています。

バーチャル美少女受肉(通称バビ肉)や、その声バージョンであるバビ声は最初こそ抵抗あるものの、慣れてくるとむしろ安心感があります。
というのも、中身はおじさんなんです(兎鞠まりさんに関しては疑問の余地があるが……)。
だから「ガチ恋」の心配は露ほどもしなくてよいのです。
かわいいけど、まぁおじさんだからなってストッパーがつくわけです。
結果、安心して「かわいい」を摂取できる訳です。

そして配信を見ていただくと分かるのですが、冒頭BGMとprrrrから始まるんです。
これが個人的にはとっても素敵だなと思います。
prrrrは単純に愛嬌だけでなく、発声練習的な意味もあり、一石二鳥なprrrrだと考えられます。(何を言っているのか分からない……)

兎鞠まりさんを推している理由として、しぐれうい先生と同じくファンサの上手さにあります。
言葉選びが上手だったり、配信中の地震発生時の対応だったり、この人なら付いていきたいって思える方です。

以前VTuberの「伊東ライフ」先生との配信でお金の使い方の配信されており、ちゃんと視聴者に還元するキャッシュフロー?になっており感動しました。
ちなみに、伊東ライフ先生と兎鞠まりさんのコラボは「まりライフ」として大変な評判を得ており、私としても至極おすすめです。

終わり

「個人的な推し」で上げたお二方ですが、私がVTuberを知り始めてから、私は増えず減らずこのお二方が推しといった形です。

他にも素敵なVTuberさんはたくさんおられるのかもしれませんが、もう既に可処分時間も心の容量もいっぱいです。

今考えるとVTuberを見ていない人生なんて考えられないものです。
VTuberを知ったおかげで今がある、と言っても過言でないくらい様々な面で私自身の人生に影響を与えてもらいました。

もしまだVTuberさん見ていないよって方がおられましたら、食わず嫌いせずに見てみることをおすすめしたいということで、この話を終わりにしたいと思います。