うすゆきブログ

ネットカフェへの宿泊はコスパが良くて楽しい

2022年9月25日 2022年9月25日

価格の温度差

PHPカンファレンスに参加する都合で東京に前日入りした。
1日目は豪華に1万円ちょっともする学士会館なんかに泊まったのだが、流石に予算の都合で2日目は安いところにしたい。
宿泊費3000円は超えたくない。そこでネットカフェが候補に上がった。

快活クラブに行く

快活クラブの回し者でもステルスマーケティングでもなくて、自遊空間は行ったことあるけど快活クラブは行ったことなかったので快活クラブを選んだ。

会員登録

アプリで仮登録して、現地に行くと専用の機械で身分証明書提示してあっさり会員登録が終わった。

ネットカフェの席も専用の機械でぽちぽちして完了。カードキーみたいなのが出てきて、それをかざして入店。ロボットが接客することで有名な変なホテルみたい……

※初回当日でもすぐ行けますが、身分証明書が無い場合は詰みます

設備の充実さ

快活クラブは途中外出ができる仕組みなので外で夜ご飯と夜食買いに行こうかと思ったが思いとどまった。ドリンクバーという楽園を見つけてしまったので……

ドリンクバーにはジュース類はもちろん、珈琲なんかもある。
加えてスープ類とソフトクリームもあった。しかも全部追加料金不要。

これ夜ご飯でいいじゃんってなった。
この時点でビジネスホテルより便利じゃないかって思ってしまった……

持ち込みも可能なので、コンビニで買ったものを席で食べるのもあり。(匂いの強いものは持ち込み不可だが)

そしてネットカフェでご飯も注文できる。流石に有料だがラーメンとかカレーとか、チェーン店くらいの価格くらい。

一部店舗では朝の時間帯でパンが無料で食べれるらしい……

シャワーも追加料金無しで利用できる。シャンプーも用意されている。ドライヤーもある。
一部の店舗ではタオルなんかも無料なところがあるらしい。

さらには服なんかもアメニティとして売ってたりする……

ホテルを超えるネット速度

ネットカフェなのでパソコンがあるのだが、やっぱり慣れ親しんだ自分のパソコンで作業したいのでネットカフェのフリーWi-Fiに繋いだ。

混雑しそうな休日20時頃のワイヤレスでこの速度。備え付けのパソコンだと700Mbpsとか出ていた。十分すぎる速度。

当たり前だが漫画もある

ネットカフェなので当たり前だが漫画が読める。

品揃えは有名な本ならだいたいある感じ。店舗によるのだが……
百合系とご当地系は全然無いんだなって思った。

「きみが死ぬまで恋をしたい」はないけど、「少女終末旅行」はあるみたいな感じで、比較的人気な作品だと置いている確率が高い傾向。

あと週刊誌系も一通りある。

料金体系分かりやすい

大体のネットカフェは自動で最安のプランが適応されるスタイルなので、何も考えなくても良い。
特に夜間パックみたいなのがあって8時間1100円みたいな料金体系もある。

そして学割で2割引……

ちなみに私はPHPカンファレンスで体力が尽きていたので14時間16分も滞在した……

15時間パックだったのだが休日料金で倍価格に。でも学割で2割引になって最終的には3520円に。
うーん……カプセルホテルの最安値より高くなってしまった……
値段も店舗によって違うので一概には言えないし、休日料金で倍になるのは結構痛い……

とはいえ滞在時間に比例して高くなっていくので、長期滞在ならカプセルホテルの方が安くなる場合もあるのかも……

途中外出もできる……ってホテルかよ

快活クラブは途中外出もできるらしく、食べ物の持込みなんかもできる。

なので「チェックイン後に夜食を買いに街に繰り出す」という旅情溢れる旅の楽しみもできる。

とはいえホテルとは違って時間に応じて料金増えていく上、基本鍵のない部屋なので荷物だけ置いて観光に行くのは適さない気もする。荷物置く用途なら駅のコインロッカーとかが良いのかなと思う。

席の移動が後で変更できるので、隣人の音がうるさいなどで変えたりもできる。

自分が行ったところにはなかったが、一部の店舗ではカラオケコーナーもあるらしい。
普通の席と同じ枠でカラオケができる。
席移動ができるので、カラオケして、その後に普通の席に戻るってしても料金が普通の席に居たときと変わらない。お得すぎる……

あとはネットカフェのPCから日経新聞や、一部のアニメが無料で見れたり、テレビなんかも見れる。

事前予約すれば鍵付きの完全個室もあるらしいが、料金少し高くなっちゃうので要検討……

ゴミ箱やティッシュはあるけど、歯磨きなどのアメニティは流石にない。
宿泊向けじゃないのであたりまえ。

宿泊という視点では……

環境音

ドリンクバーの生成音?とか、エアコンの音とか、隣人の咳やラーメンを啜る音などは気になる。
あと館内BGMで流れてるクラシックもどきとかも……

寝るときは密閉型のイヤホンや耳栓をつけちゃえば良いのかなって思ったりする……
ただ、耳栓付けても聞こえる音は聞こえる……

慣れれば問題なさそう。

調光

仕切りで区切られていても完全個室ではないので、真っ暗にはできない。

アイマスクを持っていくのは必須かも。

香り

匂いの強いものの後込みは一応禁止になっているのでスメルハラスメント的なことは起きにくい(はず)。少なくとも私が滞在したときは無臭だった。

先述の通りシャワーが追加料金無しで利用できるので強い。
ドライヤーなんかを自分で持っていくのは大変にかさばるので、このあたりが整備されているのは助かる。

脱衣所と洗面台もあったので着替えと歯磨きも問題なさそう(店舗によるかもしれないが)

空調の温度調整はもちろんできないので恒温動物である自分たちに任せられる。

私は寒すぎて真夜中に起きてしまった。やはり寝具無しは辛い。お布団は正義……

セキュリティ

鍵付きの席(事前予約)にしなければ鍵のないところになる。一応鍵がかけれるロッカーがあるので貴重品は大丈夫だけど、やっぱり鍵のない部屋での就寝に不安は拭えない。

とはいえ、これはカプセルホテルだってそうなので個人的にはそんなに懸念ではなかった。

寝具(床)

椅子タイプの席とフルフラットの席があって後者を選択した。
フルフラットだと完全に横になれる。

枕がないので、タオルを事前に用意して枕代わりにするとよいかも。寝台特急の一番安い席と同じ要領。

床はソファー的な柔らかさがあって、寝台特急サンライズ出雲のノビノビ座席よりかは柔らかい。
全然寝れる。

ただ足を曲げないと壁の端と端にぶつかってしまう。

音を出すのはNGなので、音の出るアラームはできない。
なので、振動で起こすタイプの目覚ましアプリを導入。

本当に寝坊できない現場ではネットカフェ泊まりは危険かなと思う。
私は二度寝して寝坊しかけた。

所感

これまで安い宿を選ぶときはカプセルホテルとかドミトリー型の宿とかを選んで泊まっていた。
だいたい3000~4000円前後で、相部屋で寝台部分だけ個室になってるタイプが多い。設備も最小限。

ネットカフェは概ねその上位互換だった。もっとも寝床の材質は勝てないが、設備面では全く劣らずドリンクバーとマンガ読み放題が付いてくる。そんでもって大体のパターンでカプセルホテルより安い。

寝台特急の開放寝台とか、フェリーの半個室とかに近い感じがした。

ただ一方でやはり寝心地の悪さは拭えない。
布団があればぜんぜん違うなって思った。
つまりお布団は偉大。

結論

ネットカフェは楽しいけど、睡眠を第一に考えるならカプセルホテルとかの方が良い。
設備の良さや価格は睡眠には変えられない。

1回目はワクワクでごまかせるけど、2回目以降はしんどい。
金額に大差がなければ私はカプセルホテルを選ぶ……